HOME > 輸出業務 > 輸出の流れ

輸出の流れ

輸出の流れについてご説明いたします。

[輸出の流れイメージ図]

1.通関依頼

お客様(発荷主様)より輸出に関するご依頼をいただき、当社の営業が輸出に関する必要書類を受け取りに伺います。

集荷や付帯業務もお任せください

混載から低床トレーラーまで、状況に応じて臨機応変に対応いたします。

また、付帯作業となる梱包や仕分け、倉庫保管なども承っております。


2.社内業務

営業の担当者にお預けいただいた書類を、輸出業務の担当者がコンピューターに入力し、輸出品のデータを通関に流します。

データ入力後、必要な書類の作成を行います。


3.通関書類の作成

輸出業務の担当者から送られてきたデータに基づいて、税関に申告するための通関書類を作成いたします。

通関士のチェック後、記入もれがないかなどを確認してから税関に申告に向かいます。

なお、当社は通関業法に基づく通関業者の国家認定を受けており、通関士の育成にも力を注いでいます。


4.申告

貨物を輸出する許可を得るため、税関の輸出担当部門へ赴き、申告書の審査を受けます。


5.審査

申告書の審査後、結果によっては貨物の検査に立ち会い、輸出品の内容確認を行います。

最終的な許可を得た後、貨物は業務部門の手配によって、海外の受け荷主様へと配送されます。


ページの上部へ